« コッペル風Bタンクの製作-2 | トップページ

2021年2月18日 (木)

コッペル風Bタンクの製作-3

台枠の繋ぎ、
とりあえず前方上側と、シリンダ取付部を付けました

Eurwm2fvgae42hd

Eurwnptviakwehy

動輪は、以前何処かのイベントで手に入れた∮12.5を使う予定です!
結局On30(16.5mm)で行くことにしました!
適当に作っていますが、藤相鉄道の20HP辺りが近そうです!
ちなみに、ベストタイミングで「改訂版O&Kの機関車」が発行されたの早速手に入れました!

Eurcbfjvkak896a

Eurcbu2vcaqwght

資料が有るならスケールで作ったらと思われるかもしれませんが、それだとまた途中で仕掛品になる可能性大で、今回はリハビリも兼ねて軽い気持ちで完成まで持っていきたいので、あえてコッペルタイプのフリーとします!

02.17 台枠後部の繋ぎと下側の動輪押さえ板取付用ブラケットを取付
後でバラけない様にピンを植えましたが、ドリルをかなり折ってしまいました。
後部は少し出してボルト表現にして見ました

Eub2dnwucau7oop_20210218220101

Eub2da4uyaynl_i

Eub2dsfvkaan0rt

動輪押さえ板を作りました
材料は端材のt0.4洋白板の2枚重ね
台枠に落し込みにして、横から見えないようにしました
ギアのニゲは動力が未定なので、取り敢えず開けてあります

Euezb4yvkaep7i_

Euezchlveagqxpl

2.18 今回使う予定の動輪は、丸形軸受が付いていますが、台枠が厚いためイコライザーが掛りません、別の幅のある物に組み換えました

Eufa6hpucaeun3p

Eufa6u5uyaaewie

また、ロッドピンがM1です
所属クラブで頒布して貰った物がありますが弱そうなので要検討です
仮ロッドを作りましたが、案の定、位相合わせとロッドピッチ合わせに苦労しました
なんとか回るまでになりました

Eufa6suyaiabk

 

 

|

« コッペル風Bタンクの製作-2 | トップページ

On30-蒸機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コッペル風Bタンクの製作-2 | トップページ