Bタンク

2017年3月20日 (月)

ボールドウィン風Bタンク-2

いちおうボールドウィン風としましたが、ひょっとするとポーターのほうがイメージが合うのかも。
とはいえ、フリーなのでどちらでもいいですね。

さて、主台枠を作ります。
外側台枠のダミーなので、それほど気を使う必要はありません。
t0.8の快削黄銅板を2枚張り合わせ、印刷した図面を貼り付けます。
1703090014

カッターで図面をなぞってケガキ代わりとし、糸鋸で切り抜いてヤスリ仕上げします。
1703100015

左右の繋ぎは動力ユニットの取付を兼ね、さらに前方はシリンダーの取付も兼ねます。
リア側は灰箱を模した形状としました。
1703100016

最終的にはハンダで組むかもしれませんが、現時点では途中の工程を考えてネジ止めとしてあります。
1703100017

1703100018

次にシリンダーブロックを作ります。
t6.0の板に、シリンダーのΦ5穴と煙室サドルの根元のR 用にΦ4穴を開けます。

1703110022

フライスで外形を落とし、ヤスリ仕上げしました。
1703110023

シリンダーは一旦ここまでとして、ボイラーをt0.3で切り出して丸めました。
1703130001

これは2個目で、最初の物はモーターと動力の切り欠きが大きすぎてボツにしました。
2個目は小さめに切り欠いて、現物合わせで広げていきました。

1703130002

煙室は珊瑚のHOnダックスの物が手元にあったので利用してしまおうかと思いますが、ちょっと細いかも。
とりあえずモックアップを作って感じを見ます。
1703120005

今回はここまで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

ボールドウィン風Bタンク-1

性懲りもなくまた新たなプロジェクトを始めてしまいました。

これもネットで見つけた図面を元に少々アレンジしたものです。
0_4_0fs96draw

最近話題のΦ7コアレスモーターのテストを兼ねてネタを探したところ、本機が良さそうだということになりました。
今まで蒸機は何度も挑戦して、そのほとんどが途中で止まっています。
一番の理由はバルブギアで躓いているということです。
本機は、バルブギアは最初から省略すると決めて完成までもっていこうと思います。

動力検討図です。
0_4_0fs96draw2

外側台枠で、いつものようにブロック加工のギア連動です。中央から振り分けているのでサイドロッドは長穴にする必要はありません。
ギア比は70.875:1、モーターが低速なのでもっと小さなギア比でも良かったかもしれません。
本来はボイラーの下は向こうが透けているはずですが、細いボイラーに対してこの構造では動力の一部が露出してしまうのは避けられませんがやむおえません。

まずは動力を作ります。
t6+t1.8+t6の三枚をハンダ付けします。
1702270014

ブロックに切り出します。
1702270016

ここから途中を撮り損ねましたが、ブロック状態のまま合わせのネジ穴や、軸溝、ギア軸の穴を加工しました。
そののちバーナーで炙って分解し、内側のギア逃げを加工し、さらに外形を仕上げていきます。

このようにして出来上がった動力パーツ一式です。
1703040005

組みあがりです。

1703040006

この時点では車輪はΦ9.5でしたが、後にΦ40.5に変更しました。
バックが調子いいのですが、前進は少々音が大きいです。
私の作る車両はほとんどこの傾向にあります。
モーターの向きが逆でも変わりません。
ひょっとすると、連動ギアが進行方向左側にそろえてあるのが影響しているのかもしれませんが、今のところ原因不明です。
速度は遅めですが、とりあえず満足のいく走りをしてくれました。
ロッドをつけてどうなるかです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

On2のBタンク-14

車軸を作り直しました。本日は写真無しです。

今回は後々のため絶縁車輪を除き、非絶縁車輪、ギア、クランクをハンダ付けしてしまいました。
絶縁車輪はロックタイトです。
位相合わせは例によって目分量ですが、動力単体でサイドロッドのみ付けた状態では問題なくスムースに動きます。
ところが、車体に組み込みメインロッドとクロスヘッドをつけてやると引っ掛かりがあります。
集会ではあんなにスムースだったのに、組み替えているうちにどこか引っ掛かりが出たようです。
調べてみると、メインロッドが上支点に来たときスライドバーと接触しているのがわかりました。
スライドバーを軽くヤスってやったら直りました。
小型機は動作が大きめのほうが面白かろうと、クランク半径を大きめにしたのが裏目に出ました。
設計の甘さです。やはり蒸機は難しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月29日 (月)

On2のBタンク-13

昨日は所属クラブの集まりがありました。
せっかくなのでクロスヘッドまで付けて動く状態で持って行きたいと思い製作しました。

クロスヘッド本体はt1.2の洋白です。
コンさんから助言のあった快削丸棒を使いたいところですが、今回は板材です。
ブロックに材料をハンダ付けし、フライスで溝と外形を加工します。
1602260001

スライドバーの溝は裏に板を当ててふさぎ、表から貫通させてボルト表現の線を植えました。
1602270003

ピストンロッドはφ1の洋白で、クロスヘッドに接続する部分はφ0.6に削り、穴に刺してハンダ付けとしました。
また、根元の部分はφ2xφ1のパイプを段付きブッシュに加工して一緒にハンダ付けしています。
ハンダ付け時は下記のようにセラミックの板にクリップで固定して、ハンダ粒を置いてバーナーでアブリ付けしました。
1602270004

スライドバーは洋白1mm角線を1x0.8に加工しました。
1602270005

これをシリンダー後ろ蓋に取り付ければ、とりあえずバルブギア無しですが動かすことが出来ます。
ところが、前日の土曜に動作確認をしていたら、しばらく走ると引っ掛かりが出てきます。
軸とクランクがゆるいのでロックタイトで止めているのですが、緩んで位相が狂ってくるようです。
一旦ばらしてクランクを固定しなおして、さあ組もうと思ったら、第一動輪のクランクピンが2本とも行方不明です。
床に落としたかと探してみても見つかりません。
この時点で日付はすでに変わっています。
夜中なので仕方なく旋盤の回転を落として騒音を抑えながら再作しました。
結局出来上がったのは2時を回っていました。
1602270007

翌日の集会ではたいへん調子よく、4時間連続でゆっくり走っていました。
出来上がってくるとなかなかかわいいです。
次はバルブギアですが、その前に車輪のフレもあるので車軸は作り直しですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

On2のBタンク-12

メインロッドを作りました。
作り方はサイドロッドと同じです。
1602250001

ロッドピン穴はφ2.1xφ1.5の真鍮パイプをはめ込んで、0.1mmほど出して仕上ています。
これはロッド同士の接触を防ぐためのワッシャ代わりになります。
サイドロッドの第二動輪側も同じ様に加工し、クランク側だけ0.1mmほど出しておきました。
第一動輪側も同じ様にしたいのですが、クロスヘッドを作って干渉を確認してから考えようと思います。

次に第二動輪用のクランクピンを作りました。
ワルシャート式にするので頭無しの段つきピンになります。
リターンクランクはハンダ付けする予定なのでφ1.5真鍮丸棒から挽き出しました。
1602250002

ところで初歩的な質問ですが、リターンクランクは進行方向に対してどちらに傾けるのが正しいのでしょうか。
正式機では前に傾いているようですし、ネットで検索してもそのような説明が出てきました。
しかし、ダージリンや他のナローの図面等を見ると後ろに傾いているのもあるようです。
どなたか判る方教えてください。

次は苦労スヘッドですね。

追記
その後調べたところ、内側給気と外側給気の違いで逆になることがわかりました。
この場合、バルブスピンドルとラジアスロッドの上下位置も違うことが判りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

On2のBタンク-11

先日のめがねネジですが、第一動輪に使うには長すぎてクロスヘッドと干渉することがわかりました。
別のものを考える必要があります。

一体で削りだす場合、締め付けはスリワリを切ってマイナスドライバーにするか、六角穴加工するかになると思いますがまだ経験がありません。

これまで、ロッド式DLやイコライザーのピンにはM1.4 のネジを切った段つきブッシュに皿ネジをねじ込んで作成していました。(下図の①)
しかしこの方法ではあまり小さく出来ません。

そこでひらめいたのが、3種のなべネジの頭を加工する方法です。(下図の②)
Photo

3種のM1.4ネジは頭の径2.5、厚み0.8あるので、径をφ2まで削り、厚みの半分をφ1.6の段つきに加工します。
根元には不完全ネジ部がありますので、全高は約1mmになります。

下の右から、段付ブッシュと皿ネジの組み合わせ、めがねネジ、今回製作したもの、加工前の3種ネジ
1602220001

加工時はφ2,5の丸棒をコレットで咥えてM1.4のタップを立て、ワークのネジをねじ込んでカッターの刃で作った突っ切りバイトで加工しました。

1602200004

第一動輪が今回作ったもの、第二動輪は仮につけためがねネジです。
1602220003

これでクロスヘッドとの干渉は逃げれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

On2のBタンク-10

再度ロッドを再作しました。
昨日のものはコッター穴を開けるのに0.5の中興ドリルでやりましたが、4箇所中3箇所目で折り込みました。
仕方なく反対からも開けて、両側からピンを刺してハンダ付けしごまかしました。
今回はハイスのストレートドリルで開けましたが、見事に曲がりました。
1602200002

しかも板厚方向に曲がったため、ハンダを外したら穴ではなくて溝になってしまいました。
一枚は表に出てしまったため、一旦埋めて裏の溝を切り込んで線を埋めました。
とりあえず出来上がり、一回り小さくなりました。
1602200003

取り付けてみると
1602200004

昨日の写真と比べてみてください。
まだ少し太いかもしれませんが、Oナローなのでこの辺で良しとします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

On2のBタンク-9

黒染めして組み立てた状態です。
1602150004

1602150006

上周りはサイドタンクを作ります。
失敗エッチングは弱弱しいので、中にブロックを仕込みます。
エッチングパターンから見ると後半上部は炭庫と思われるので切り欠きました。
1602130001

これをエッチングパーツと合体。
1602130002

下側にタップを開けてネジ止めしました。
1602130003

カプラーはOn2はピンリンクにしているのでブロックから加工していたら
1602140001

ワークの締めが甘くぶっ飛びました。
やり直して出来上がったのがこちら
1602140003

エンドビームへの取り付けは後回しにして、クランクを作ります。
1t洋白を余裕を持って5枚切り出し、重ねてハンダ付け、軸穴とクランクの下穴を共明けし、軸穴にはドリルの柄の部分をロックタイトで固定します。
1602150008

この状態で旋盤とフライスで外形を仕上げ、炙ってばらせば出来上がり。
1602150009

サイドロッドもt1を2枚張り合わせてフライスで外形加工
1602180010

中央部を手加工で薄くしてコッターを植えて・・・ところが、なんかおかしい・・・・
1602190011

端材を使ったら一枚はt1.2でした。(普通は気がつくでしょ・・・)

ロッドピンはめがね用ネジを使おうと思います。
ホームセンターで6種類x2本入りで200円くらいで手に入れました。
形状はいまいちですが、この中のM1.4 段つきネジが使えます。
1602190012

ここでシリンダー本体も作り弁室部分にハンダ付け
1602190018

ここまでを仮組みしてみると
1602190019

動きません・・・・調べてみたらロッドピンがクランクの裏に出っ張って外側台枠に当たっていました。
短くカットしたら問題なく快調に動いてくれました。

しかし、どう見てもサイドロッドがごつすぎです。
図面でよくても現物は感じが違いますね。もう一回り細身にした方が良さそうです。
と言うことで、やはり再度ロッドとなりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

On2のBタンク-8

ウォームギアはアルモデル、ウォームホイールは手持ちのm0.4の23枚で。同軸にプルバックカーから取り出したm0.5の9枚を組み合わせます。
1602090014

ウォームホイールの内径は3mmなのでピニオン側を削って圧入しますが、ちょっと削りすぎてゆるくなってしまいエポキシで接着しています。
1602090015

次段はレインボープロダクツの24/10の厚みを詰めました。
1602090016

次のアイドラーはレインボーの10枚と手持ちの真鍮12枚を利用。
1602090017

アイドラーは真鍮である必要は無いのですが、たまたま厚みもぴったりの物があり使いました。

車輪は今回φ10.5のナット止め車輪を使います。
12.7mm化するため、軸を片側1.9mmずつ加工しました。
手前が加工したものです。
1602090018

車軸ギアは真鍮の15枚です。
1602090019

軸端は外側クランクを付ける際に追加工します。
トータルギア比は91.99:1となります。

この後フレームを黒染めして組み立てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

On2のBタンク-7

次はシリンダー本体を作りたいところですが、ロッドとの位置関係を調整しなければならないので先に動力ユニットを作ります。

まずブロックに合わせ用のピン穴とボルト穴を加工します。
1602060006

次にスリワリカッターで分割します。
1602060007

12,7mmの場合間にt1.5を挟みますが、今回材料が見つからなかったのでt1.8をはさむことにしました。
1602060008

この後合わせ面を仕上て3者を合体し、外形を最大寸法で仕上ます。
1602070004

左側と下側を基準面としてギア軸の穴をあけます。
1602070005

90度向きを変えて車軸溝を彫ります。
当初2mm軸でやるつもりで加工しましたが、端面合わせがいい加減だったのか0.2mmほどずれてしまいました。
仕方なく軸を3mmに変更して溝を加工しなおしました。
1602070006

溝の深さは3枚合わせで3.5mmまで加工し、真ん中のt1.8を抜いてさらに3.8mmまで加工します。

次に一枚ずつギアの収まる部分を加工します。
1602080007

最後に上部を残して全巾を8.5mmに加工し、車体と干渉する部分を段差加工します。

1602080010

これで残るはイコライザーやブラシのタップ加工をすれば外形加工は終わりです。

車軸の押さえ板はt0.4の洋白で、車軸中央部はいつものように真鍮釘の頭で車軸のガタをなくします。
1602080008

軸可動は簡易ロンビックで、車軸の左右にイコライザーを架け、さらに車軸の中央を↑の中央のt1.8で受けてやります。
イコライザーは洋白t0.4と真鍮t0.3を張り合わせて切り出しました。
1602090012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧