趣味

2015年2月 7日 (土)

コントローラー

鉄道模型を運転するためのコントローラー、パワーパックとも言いますね。
通常のDC運転の場合はDC12V出力のものを使います。

昔は大きく思いトランスとセレン整流器を使っていました。
その後セレンはブリッジダイオードに変わりました。
さらに、現在ではトランスもブリッジダイオードも不要で、DCアダプターに変わりました。

私は一応メカ屋(とはいえ、人に教えられるほどの知識はありません)ですが、電子工作も理屈はわからなくても結構好きなのです。
数年前模型工作を再開したときに、試運転するのに重く大きいコントローラーを引っ張り出すのは邪魔くさいので、コンパクトなコントローラー、を作ってみようと思ったのが始まりでした。
ネットで見つけた回路図を参考に製作しました。
何個か作ったのですが、イベントの打ち上げで酔っぱらってどこかに落としてきたようで、改めて作り直す羽目になりました。

現在手元にあるコントローラーです。
1502070007


左上が試運転に使っているもの、その右2つは以前標準としていたもの。
右上はデジタル電圧計を組み込んだものです。
その後、もう少しコンパクトに作りたくなり、幅の少し狭いケースにしたのが左下
その右は最少サイズを目指してアルミケースで作ったもの。
下中央は最新作で、プラケースで最少サイズをめざし、さらにデジタル電圧計を組み込んだものです。
中はかなりギリギリいっぱいでこのようになっています。
1502070001


回路は皆同じで、ダーリントントランジスタ1石を使ったシンプルトランジスタ制御です。
通常はパーツを基板に並べて回路を構成して作りますが、場所絵を取るし、このコントローラーは部品数が少ないので、基板なしで構成しています。
電源は12V1AのDCアダプターを使いますが、電池パック屋、9V電池にプラグをつけたものでも使えます。

最初の写真の下段右2つは、低圧のジャンクモーター用に秋月電子の6Vモーターコントロール基盤を使ったものですが、簡単にできて良いのですが6Vしか出ないので使いにくいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)