駆動装置試作

2010年4月18日 (日)

駆動装置試作-4ー大失敗

プリマスのボンネットをどうするかで悩んでいて進まないので

代わりにまたまた駆動装置です。

例によってCADで作図し、

Photo

ブロックを削り

1004160001

1004160004 

組み立てて

1004170007

モーター軸がセンターピンを兼ねる、究極のローコスト26mmボギー動力の完成

材料費は500円位かな?

両側にイコライザーも組み込み、さあ試運転です。

モーターも車輪も気持ちよく回ります・・・・・が・・・・・

走りません。

もうお気づきの方もおられると思いますが、車輪が逆方向に回ります。

最初の段階で完全な思い込みによる間違いです。

機械屋がこんなことをやっていてはいけませんね。

もったいないので、一軸減らして軸距離19mmに改造

1004170017

単車用としてイコライザーは片側のみとして3点支持化しました。

1004170018

イコライザーの支点はφ3丸棒から内径M1.4のネジを切った2x1.1のカラーを旋削し

M1.4X4の皿ビスでt1.0洋白のイコライザーを止めます。

1004170016

裏側から見るとこんな感じ

1004170020

今度はスローも効いて快調に走ってくれました。

もう一つ以前に作ったこんなのもあります。

1004170011

動力ばっかり作ってないで、早く車体を作らなければ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

駆動装置試作-3

また間が空いてしまいました。

結局スライスは旋盤の3ツ爪チャックに無理やり咥えて、金ノコの折れ刃で作った突っ切りバイトで行いました。

1003220001

工程が進むにつれていい加減さが出てきて、突っ切り位置がまちまちです。

次に軸押さえを作ります。

1003220002

切り離して

1003220006_2

とりあえず手持ちの台車に組み込んで見ました。

1003220005

枕バリを直せば何とかいけそうです。

ウォームホイールはジュラコンの平ギアを2mmにスライスした物で、ギア比は14:1です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

駆動装置試作-2

1003120002

昨日の続きです。

軸の入る溝と押さえ板のタップした穴を開けます。

万力が削れているのはご愛嬌ということで・・・・

1003120003

ひっくり返してウォームの入る溝を掘ります。

外してタップを切って・・・スライスはどうしようかな?

8個4台車分ですが、材料がちょっと短かったので一個だけ変則です。

1003120004

1003120005 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駆動装置試作-1

昨今の動力車はエンドウのMPか福島のFM、あとはパワートラックになってしまいました。

どれにしても結構な費用がかかります。

何とかローコストな動力は出来ないかと図面を書いてみました。

1

基本はFMと同じですが、ギアが開放なのでだるまやに近い感じです。

在庫の材料やパーツを生かし、新たな出費は抑えます。

マンションでは工作機械は昼間しか使えないので、今日はここまで。

1003120011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

手が動かない

オリンピックが終わって「さあやるぞ」と宣言したものの

全然手が動きません。

作る物は山ほどあるのに、何から手を付けて良いのかきめかねています。

これではいけないと思い、宝の持ち腐れになっていたフライスをはじめて動かしました。

1003090003_2

さて、何を始めたのでしょう?

こんな物が出来ました。

1003100004

1003100005

素材は六角棒とジャンクモーターに教材用ウォームギア

1軸駆動なので勾配はダメで単行運転専用です。

↓の動力です。

1003100006

| | コメント (0) | トラックバック (0)