自動機客車(夷隅タイプ)

2010年5月 8日 (土)

自動機客車-3

塗装をはじめました。

まずは洗浄乾燥後、プライマーを塗ります。

1005080003

プライマーはいさみやのカラープライマーを使いました。

下回りは黒、車体は白にしました。

上塗りは何色にするかまだきめていません。

1005080007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

自動機客車-2

大変よく出来たキットで、軽くバリ取りをするだけで簡単に組めてしまいます。

0201010012

0201010013

側面のエッチングと妻面のホワイトメタルの質感が?と思っていましたが

ずっしりとした重量感から見ても正解のようです。

右側面とデッキのドアに取っ手を付けましょう。

φ0.6の真鍮線をLにまげて

0201010002

角を出すためハンマーでちょっと叩いてから、ヤスリでそれらしく成型します。

0201010003

取り付けは塗装後です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

自動機客車-1

完成車がちっとも出来ないので、手っ取り早くできる物ということでこれを始めます。

1004250018

アルモデルの自動機客車(夷隅タイプ)です。

まずは説明書通りに板のうちにタップ加工をして、ランナーを切り取って折り曲げ

バラキット状態になりました。

0201010001

キットの指定では動力は26mmのパワトラですが、やっぱり自作動力を使います。

10042300122

インサイド+3点イコライザー式で作ってみましたがどうもいけません。

モーター径が大きく位置が低いので床板と台枠に干渉します。

おまけに肝心の走行性能も頭を振って今一です。

仕方なく別方式で作り変えました。

10042700232

今回はイコライザー無しの4点固定です。

何とか使えそうな物になりました。

このモーターは秋葉のジャンクやで見つけた10個525円の3極モーターで、

1.5Vとして売られていましたが、12V全開で連続走行など考えられないので

通常使用なら特に対策しなくても大丈夫そうです。

コンデンサーは元々付いていた104(0.1μF)で、ノイズ対策用と思われるので

そのままつけてあります。

床板に組み込むとこんな感じです。

0201010003

| | コメント (0) | トラックバック (0)